SSブログ

震災時の2億円寄付の理由とは?日本の支援を覚えていたセルビア人 [ニュース]

スポンサーリンク by Google




東日本大震災でセルビアは2億円の寄付をした


セルビアは東欧の小さな国。

社会主義国でありながらソ連と対立し、ソ連陣営に睨まれつつも西側諸国と何とか上手く外交関係を築いて苦難なを乗り越えてきた国だ。

しかし、ソ連崩壊の前後から戦争の歴史が続く。

かつてユーゴスラビア連邦と呼ばれ、
コソボ紛争でNATOの爆撃を受けた国と言われれば、思い出せる人もいるかもしれない。

ソ連からの独立、社会主義陣営からの独立、民主化への道のり。

長い長い戦いを経て、今のセルビアと言う国が存在する。

苦難の歴史を持つ国だ。

『かつて社会主義国で最近まで紛争に巻き込まれていた。』
と聞けば、勘の良い人は気づくだろう。

そう。非常に貧しい国だ。

一人辺りの平均収入が月4万円とも言われ、貧困国と言って過言ではない経済状態。


にもかかわらず東日本大震災の時に、2億円の寄付が集まっている。

しかも、これは一時的とは言え欧州国家の中でトップの寄付額になりました。

なぜ、セルビア人は日本のためにこれほどまでに寄付をしてくれたのでしょう?

理由は、セルビアの過去にありました。


スポンサーリンク by Google




民主化直後の日本の支援


2000年。コソボ紛争が終わり、NATOの爆撃でボロボロになったセルビアの首都ベオグラード。

コソボの独立を武力で抑えこもうとしたセルビアにも責任の一端はあるとはいえ、
近代化された軍隊の組織的な爆撃を受ければ首都機能など簡単に壊滅してしまいます。

国際的にもコソボのアルバニア人を虐殺したとして非難の目にさらされていたセルビアを、真っ先に支援したのは日本でした。

紛争における敗北で政権が交代し、本格的に民主化を進めていこうと言う雰囲気ができていたというのもありましたが、日本の存在感を欧州でアピールするという狙いがありました。

とはいえ、セルビアにとっては渡りに船。

紛争からの復興、民主化への積極的な取り組みに際して、
日本の医療提供、教育支援、公共交通機関への支援はセルビア人にとっては強い記憶に残りす。

今でも、セルビアの街を日本の支援により供与された100台近いバスが街を走り、支援で建てられた学校や病院で多くの人が救われています。

さらに驚くべきことに、1世紀近く前の第一次世界大戦時。
ヨーロッパの火薬庫の中心にあり、世界大戦の原因にもなったセルビアは大戦で大きな被害を被りました。

その際にも、日本からの支援があり、その痕跡が首都ベオグラードの大使館に残っているそうです。

こう言った支援の積み重ねが人々の記憶に残り、
震災時の大きな支援に発展したのだと言えます。

震災時、日本の様な裕福な国に援助をするのは勿体無いとまで言われる中で、
貧しい国でありながら2億円の支援をしてくれたセルビア。


彼らにとって、2億円とはどれほどの価値を持っていたのでしょうか?

そして、先日起こったセルビアの大洪水で、我々にできることはあるのでしょうか?

8ebc9d29.jpg
セルビアの大洪水


セルビア人の平均月収が4万円。

日本人の月収は、測り方にもよりますが30万円程度と言われています。

それだけで、7倍以上の差があります。

先日セルビアで起きた100年に一度とも言われている大洪水。

私達は彼らがくれた7倍の額である14億円を寄付すれば釣り合うのかというと、

計算は単純ではありません。

というのも、セルビア共和国は人口が700万人しかいない国だからです。

これは大体埼玉県の人口と同じ位。

単純計算で、一人あたり約30円の寄付となります。
これを7倍にすると210円。

これを日本の人口で掛けると250億円の寄付が可能ということになります。


ちなみに、GDPで比較すると、日本が約5兆円なのに対してセルビアは500億円程度のGDP。

100倍の差があるので、そう言う面から見ても、

日本からは200億以上の寄付があって然るべきだと言えます。


もちろん、全国民が210円払うわけもありませんので、

実際の一人ひとりの額はこれの数倍になると思います。


労働人口に絞っても、500円程度が最低ラインでしょうか?

そういうわけで、
少ないですが、最低ラインの倍以上は寄付してきましたよ。

はい、少ないですね。 
すいません。

これが、私が寄付した時のYahoo!募金の合計額です。億にすら届いていませんね。
Donate.jpg

寄付したいという方は、以下の宛先からどうぞ!
在日セルビア共和国大使館
Yahoo!募金【寄付が2倍】セルビア豪雨緊急支援募金

おい、著者!もっと寄付しろという方は、コメントにどうぞ;;;;

スポンサーリンク by Google






【おすすめ記事リンク】

バーグダル軍曹解放!5年捕虜、グアンタナモのタリバン幹部5人..

神の手を持つ赤ひげ先生、服部匡志

実は損?お薬手帳持参の罠・・・医薬分業と調剤バブルからの診療..

だいち2号、軍事衛星としても高い性能を誇る

ベトナムに旅行するなら、日の丸を忘れずに

キューバ人選手のセペダとグリエル、年俸一億円の価値とは?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます